シカゴ・オヘア国際空港 アメリカ シカゴ

シカゴ・オヘア国際空港には日本から直行便が1日に何便も飛んでおり、全米各地への国内線が充実している大きな空港です。
ターミナル1とターミナル2の間に太平洋戦争で使われたグラマンF4Fワイルドキャットが展示してありました。

グラマンF4F-3 ワイルドキャット Grumman F4F-3 Wildcat
シカゴ出身のエースパイロット、エドワード・オヘア氏(Edward O'Hare)の乗機に似せた機体です。
ちなみにシカゴ・オヘア空港の名前はオヘア氏からとられていたのです!
また、この機体はもともと訓練機でミシガン湖から引き揚げられてレストアされたものです。
以上はWikipediaからの情報ですが、展示機の前に説明文があって詳しく書いてあります。
私は読んでなかったのですが。。。
20151230105204380.jpg

20151230105202e74.jpg


国内線ターミナルにあるので国際線から乗り継ぎをしない限り見る機会はないと思います。
しかし広い空港です、成田や羽田よりもデカいのでは?

米国に入国するには事前のESTAを取得しておかなければならないのですが、ここシカゴ・オヘア空港ではESTAを取って2回目以降の入国審査は1回目と異なる列に並べて比較的早く入国審査を通過することが出来ます。
頻繁に来ているのですが2回目以降に並べる列がどこなのか毎回迷います。。。

1/32 グラマン F4F-3ワイルドキャット 後期型

新品価格
¥18,000から
(2016/1/5 14:58時点)

F4F-3 "Wildcat"

新品価格
¥4,782から
(2016/1/5 14:59時点)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。